コアリズム ラテンダンスダイエット



コアリズムとは?

コアリズムというのは、DVDで販売されている、アメリカ生まれのダイエットプログラムです。

このエクササイズは、ラテンダンスをベースにしており、お腹やウエスト・ヒップに特に効果があります。
ラテンダンスのリズムに合わせ、腰を動かすことで健康的に美しい体型を作り上げるものです。

コアリズムの腰の動きには3種類あります。

1つ目は、左右の動きのコア・ラテラル
2つ目は、前後の動きのコア・フレクションコア・ローテーションです。

以上の3つが組み合わさってエクササイズが構成されており、効果的に組み合わせて運動することで、脂肪が落ち、筋肉が鍛えられるのです。

やり始めると、日常生活では使わない動きをするため、お腹の周囲に効いてきます。

2週間ほど続けると、ウエストがだいぶスッキリしてきます。

また、とても汗をかくので体重も減りやすいですね。その結果、腰のクビレが目立ってくる方が多いです。

コアリズムは男性がやっても効果的ですが、特に腰まわりの気になる女性にとって、とても魅力的なダイエットプログラムです。

コアリズムに難点はないでしょうか。

あえて難点というと、始めたばかりの方には腰の動きが難しく、不用意に腰を動かしていると、腰を痛めてしまう可能性があるということです。最初は、慣れるまでゆっくりと動かすことが大事です。

普段運動不足の方は、コアリズムを始める前に、柔軟体操をしっかりやりましょう。普段使わない部位を使いますので、無理な動きや、速い動きは、腰を痛める原因になりえます。

だんだんと慣れてくると、ラテンダンス自体が楽しくなり本格的にラテンダンスを始めたくなる人もいるでしょう。そんな人のために、このDVDには、ラテンダンス用のレッスンDVDも追加で購入できるようになっています。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンス系のダイエット運動

ダンス系のダイエット運動は女性に最適なダイエット方法です。ピラティスヨガがダンス系といってもあまりピンと来ないかもしれませんが、これらもダンス系ダイエットのひとつです。

ピラティスというエクササイズは、リハビリ目的にドイツで考え出されたもので、女性に人気のダイエット運動でもあります。筋肉の中でも、背骨や骨盤を支える筋肉は鍛えようと思いませんし、日頃意識することのない部位です。ダンス系ダイエットのひとつであるピラティスは、この骨盤や背骨まわりの筋肉に意識を集中させて行います。体の動きと連動した独特の呼吸法があり、筋肉を鍛えながらダイエットを行います。

ヒンドゥー教の修行方法でもあるヨガは、インドを発祥地とする健康法で、普段使わない筋肉や体の部位を意識して動かします。集中力と緊張を保つことができなければ、ヨガのゆっくりとした独特の動きはできません。そういう意味でもダイエットにうってつけです。

近年アメリカで生まれたヒップホップミュージックに合わせて踊るヒップホップ系ダイエットも人気のあるダンス系ダイエットでしょう。ダイエットに必要な体脂肪燃焼は、音楽に合わせて全身を激しく動かす有酸素運動で行えます。

効果の高いダイエット運動として知られているものに、ビリーズブートキャンプがあります。運動内容はなかなかきついものですが、これはアメリカ軍で短時間に体重を減らすために生み出されたものだからです。昨年、大ブームとなったダイエット方法ですが、元は軍隊式トレーニングを改良しダイエット運動として確立させたものです。

他にもジャズダンスやラテンダンス、社交ダンス、フラダンスなどが取り込まれたダイエット方法がダンス系ダイエットとして広まりつつあります。

現在、人気が高まっているのが、ラテンダンスを取り入れたコアリズムです。お腹を左右前後に激しく動かすラテンダンス特有の動きによって、普段あまる使わないコアマッスルを鍛えます。

コアリズムの腰の動きには3種類あります。

1つ目は、左右の動きのコア・ラテラル

2つ目は、前後の動きのコア・フレクション

3つ目は、回転の動きのコア・ローテーションです。

コアリズムは、以上の3つが組み合わさってエクササイズが構成されており、効果的に組み合わせて運動することで、脂肪が落ち、筋肉が鍛えられるように構成されています。

世界トップレベルのラテンダンサーがあなたの先生☆ セクシーなウェストを目指すエクササイズDVDなら…

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウエストを細くしたい

お腹の辺りの脂肪をなくし、すっきりしたお腹周りに、できれば、くびれのあるウエストにするためには、どうすればいいのでしょうか。 

お腹の脂肪を減らすために、まず大事なことは常にお腹に緊張感を持って姿勢を正しくして生活することです。どんな状態にあるときでも、いつでもお腹を引き上げようというような姿勢をします。意識的に胸を高くし、あごを引いて背中をそらせないようにしながら、お腹は突き出さないようにしてください。

お腹の辺りの脂肪を減らすには、食事にも気をつける必要があります。特に食べられないものはありませんが、食べる量には気をつけなければなりません。たとえダイエットをしていない場合でも、やはり食べ過ぎることはいいことではないのです。

消費カロリーと摂取カロリーがバランスよくなっていることが大切で、カロリーが低いものだからと食べ過ぎれば、カロリーはオーバーしてしまいます。お腹の脂肪を減らすには、まずお腹に脂肪がつきにくくなるようにすることで、お腹の脂肪を燃焼させることが一番なのです。

脂肪燃焼に役立つ栄養素はビタミンB1やB2などで、B1は炭水化物を燃焼させ、またB2は脂肪を燃焼させるのに役立ちます。このような栄養素が十分に足りていて、初めてお腹の脂肪が減らせるわけで、それなしではどんなにダイエットに励んでもだめなのです。ダイエットにより体重が減っても筋力がつかなければ基礎代謝が下がり脂肪の燃焼は促進されないのです。お腹の脂肪を減らすことだけでなく同時に筋肉をつけることも大切で、食事に注意してたんぱく質を摂取することも必要になります。

最近、お腹の脂肪を減らしながら、この基礎代謝を増やすためのダイエットエクササイズプログラムが大流行です。そう、コアリズムですね。腹筋が付きますので、基礎代謝が上がり、食事だけのダイエットと違ってリバウンドしにくい体質を作ってくれます。

エクササイズDVDなら…

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © コアリズム ラテンダンスダイエット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。